« 2018年4月 | トップページ

2018年5月

2018年5月 6日 (日)

北信への旅

006r_4長野県中野市にある高野辰之記念館を見学してきた。

高野博士は国民の誰もが知っている文部省唱歌「故郷」を作詞した国文学者である。

その他にも「日の丸の旗」「紅葉」「春が来た」「春の小川」「朧月夜」の作者である。

ドラマ演出家、久世光彦は「みんな夢の中。続 マイラストソング」というエッセイの中、小学唱歌の項で、

「あの戦争のころ、もしこの国に《文部省唱歌》がなかったら、今この国はこうしてあったかどうかとさえ、私は思う。あの時代の大人や子供の、心のバランスを辛うじて保たせてくれたのは、明治のころからみんなで歌いつづけてきた、あの唱歌たちだったのではなかろうか」と述べている。

東日本大震災の直後、やはり、人々に最も歌われたのが「故郷」であったと聞いている。

記念館で博士の学問に対する飽くなき探究心、生き方、感性に触れ思わず涙してしまった。

Img_0464前日は博士が愛し生涯を閉じた場所でもある野沢温泉に宿泊した。
外湯が13カ所もあり、そのうち5つの風呂に入った。

猛烈に熱くて入れない湯船もあったが、温泉を堪能した。

012r道の駅「花の駅・千曲川」に立ち寄る。

千曲河川敷に広がる一面の菜の花畑を散策した。

唱歌「朧月夜」の歌詞はこんな風景の中から生まれたに違いないと思った。

003r_19また、高橋まゆみ人形館に行ってみる。

郷愁を誘う優しいお顔の人形達が展示されていた。

展示ディスプレイに相田みつを を模した書体で短文が添えて有り、我が故郷足利との繫がりを覚え、感慨一入だった。

北信には日本人の描く故郷の原風景があるように思えてならない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年4月 | トップページ