« 酒田へ、そして鳥海山へ その① | トップページ | 花火は痛い。足利の花火大会は五感で味わえる。 »

2015年7月20日 (月)

酒田へ、そして鳥海山へ その②

Rimg1091t早朝6時半に鳥海山南の湯ノ台口から入る。

滝ノ小屋、河原宿を過ぎると眼前に大雪渓が現れた。

台風一過の快晴を夢見て計画を立てたが、この日、東北地方は気圧の谷の影響で降水確率60パーセント。

雪渓はガスっていた。

上部では道に迷い、小雨の中のヤブコキを強いられた。

Rimg1088t視界がきかなくても、足下の花を楽しむことが出来る。

大好きなチングルマ。

Rimg1095t

キスゲ

Rimg1105tt

今年はコバイケイソウの当たり年?

谷間を埋め尽くす花は、指人形が踊っているように見える。

Rimg1114t

ミヤマキンポウゲ

Rimg1118t

尾根歩きをしながら頂上を目指すが、ピークの新山は厳しかった。

牛馬サイズの巨岩がゴロゴロした場所を雨で滑らないよう気をつけながら登った。

一寸滑っても大怪我するような場面の連続で緊張した。

家から遠い山なので、次来ることもあるまいと思い、ピークハントしたが、近隣に住んでいたら雨の日にここには登らないね。

きっとそういう無理が中高年の遭難に繋がってるのだろうと自省した。

下山は雨量が多くなり、登山道は小川になり、靴の中はグショグショ。雨中の行軍はつらかった。

行動時間は10時間半。いつもなら下山半ばで足が痛くて泣きべそかいているが、今回はそれほど痛みを感じなかった。

ダイエットが奏功している。

|

« 酒田へ、そして鳥海山へ その① | トップページ | 花火は痛い。足利の花火大会は五感で味わえる。 »

山歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 酒田へ、そして鳥海山へ その②:

« 酒田へ、そして鳥海山へ その① | トップページ | 花火は痛い。足利の花火大会は五感で味わえる。 »