« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年12月

2014年12月31日 (水)

一年の最後に

大晦日の今日、Img_3610s今年最後の山歩き。

富士山を眺めに大菩薩嶺に登ってきました。

稜線に出ると強風で顔が痛かったけれど、写真撮影をゆっくりと楽しむことが出来ました。

Rimg0069m歳を重ねるにつれ、山登りが億劫な感じになってきて、このままじゃ仕舞いには出かけなくなるのではと不安になります。

小屋に予約してしまえば、重いケツが上がるだろうと、一昨日「ロッジ長兵衛」に思い切って電話を入れた。

6年前、やはり12月30日に泊まって、気に入った山小屋です。

Rimg0032sどこが気に入ったかと言うと

①御飯がうまい。山小屋なのに銘々に鍋が出る。昨夜は鍋の他に馬刺しが出ました。

②冬期でも小屋の横まで車で行けます。

③風呂に入れます。

大雪の心配のない山域なので、富士山を眺めながら雪山散歩を楽しめる、初心者にとってもいい山だと思います。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月21日 (日)

コバケンの第九を聞いてきました

025僕は、クラシックのコンサートにほとんど行かないのだが、娘が合唱に加わる「第九」というのだから、これは特別。

東京音大に所属する4年生の娘の最後の晴れ舞台を見に、池袋まで足を運んだ。

017東京芸術劇場も初めての場所である。

今日の第九はコバケン、日フィル、テナーが錦織健。

僕は風邪を引いていたし、実のところ、今日のコンサート行きにはかなり消極的であった。

023_2


                                                                           

でも、実際池袋について、芸術劇場の外観とホールの立派さに驚き、演奏が始まると、身が震えるほど感動してしまって、この舞台の端っこに立っている娘を誇らしく思った。

勿論、娘の個人としての実力ではなく東京音大の力であることは分かっているが、自分の心の中にこれほど「歓喜の歌」が響き渡ったことはないかもしれない。

024ナマのコバケンも初めてであった。

オケから澄み切った音色を引き出し、強弱のメリハリも全体のテンポも気持ちよく、大好きな第3楽章では涙が出たよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月 4日 (木)

今はなき「知味飯店」風焼きそばを作ってみた

001今から20年ぐらい前、「知味飯店」という中華料理屋が湯島聖堂の裏にあった。

大学医局時代、この店にはずいぶんとお世話になった。

左は閉店するという噂を聞きつけ、食事に行った時に撮ったマスターとのスナップ。

この店の味は一生忘れないだろう。

003急に思い立ち、今日の昼ご飯に、この店の名物だった「五目焼きそば」を思い出しながら再現してみた。

先ず、焼きそば麺をサラダオイルで軽く焦げ目がつくまで揚げます。

005「知味飯店」では、フクロタケやクワイを加えていたけれど、僕の町ではそんな中華食材は手に入らない。

でも、可能な限り彩りを豊かにするために、例えばウズラの玉子の水煮、カマボコ、烏賊、豚肉、ヤングコーンなどを今日買って来て炒めた野菜に加えた。

味付けは、昔の記憶を元に、紹興酒、オイスターソース、醤油、黒酢、生姜である。

006野菜炒めが出来たら、先ほどの麺を入れて、水解き片栗粉でとろみを出し、ごま油をかけたら出来上がり。

すごい高カロリーで、お腹いっぱいの食後には、自分の血液が脂肪で白濁してしまうんじゃないかという感じである。

その点、昔食べた味が再現出来たんじゃないのかなあって思う。

ウン、この味ならカネ取れるよ。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »