« 酒は大七 | トップページ | 鑁阿寺(ばんなじ)の紅葉 »

2014年11月23日 (日)

お江戸までサイクリング

006風もない小春日和。

絶好のサイクリング日和である。

11月なのに、東京の気温は20度近くまで上がった。

吉田さんと足利から東京までの約100キロを6時間かけて走った。

渡良瀬川、利根川、江戸川の土手上のサイクリングロードを走り、柴又付近から国道6号線で浅草に行く。

そして、「駒形どぜう」を食べるとういプランだ。

023何回も東京まで走っている吉田さんの後ろについて走る。

僕にとっては初めてのことで、ちょっとした冒険旅行である。

冒険にはアクシデントがつきもの。

最初のアクシデントは、走行中、急な腹痛に襲われたこと。

冷たい風を切って走るウチに激しい便意を感じた。

走路にはコンビニも休憩所もない。

トイレットペーパーも携行してない。

もうダメだ!

さあどうする?

028河川敷では堤防工事が行われており、その飯場のトイレに突進、無断で拝借し、すんでの所で大惨事は免れた。

いやはや、冷や汗ものでありました。

次なるアクシデントは、国道6号線での思わぬ落車。

自転車乗りの世界では転倒のことを落車という。

幹線道路を走行中、目の前にトラックが停車していた。

それを避けるため歩道に上がろうとしたとき、段差に車輪を取られ落車した。

歩道に上がるときは、段差を考えて角度をつけて乗り上げなければならないのに、とんだドジを踏んだ。

031_2その時、コンクリートに強く両膝と、左掌をついて打撲。

ヤレヤレである。

都会の道路は、自転車乗りのことを全く考えずに設計されている。

車道を走るのがルールだが、すぐ右側を猛烈なスピードで車が追い抜いていくので恐い。

かといって、歩道に上がれば、左の脇道から一時停止無視の車が急に飛び出してくる。

あるいは、右側からは脇道や駐車場に入ろうという車が巻き込んで曲がってくる。

段差がある。歩行者がいる。

自転車で歩道を走る方が数倍も危険なのだ。

で、僕も負傷。

033次なるアクシデント。

アクシデントというほどではないが・・・

昼の1時半というのに、浅草「駒形どぜう」の店先には入店を待つ長蛇の列が

ドジョウは諦め、吉田さん推薦の場外馬券売り場近辺の居酒屋へ向かった。

035_2そこでも、ビックリ。

今から30年も前には、こんな風紀の悪い地域に、カタギの人の往来は少なかったのに。

今日は道の両側に居並ぶ飲み屋は、ほとんど満席。

昔は、競馬新聞片手に耳に赤鉛筆挟んだオヤジしか見かけなかった地区なのに、今は、家族連れ、若い女性が昼間っから道端でホッピー飲んでいる。

まるで、一大アミューズメントパークのようであった。

ともかく、居酒屋「正ちゃん」の煮込みは絶品でした。

打撲が治ったら、西風に乗ってまた走ってみたいです。

吉田さん。大人の冒険旅行を有り難うございました。

|

« 酒は大七 | トップページ | 鑁阿寺(ばんなじ)の紅葉 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

「大人の冒険旅行」
ステキなセリフです。

投稿: ナツ | 2014年11月24日 (月) 16時08分

ナツさんありがとうございます。
歳を重ねるに連れ、アレもやってない、コレもやってないって思うようになります。
今では、能力の限界、時間の限界、お金の限界を計算してしまうのですが、やれそうなものがあれば可能な限り挑戦し続けたいです。
少しだけ冒険してみたいです。
初体験に挑戦したいという意欲がまだあるうちに‼️

投稿: はーびー | 2014年11月24日 (月) 22時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お江戸までサイクリング:

« 酒は大七 | トップページ | 鑁阿寺(ばんなじ)の紅葉 »