« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月

2014年6月26日 (木)

君は、オランダ映画を見たか

家内が、東京に買い物に行くので、付き合って欲しいと言う。
先だっての日曜日のことだ。                                                                                       
家内の買い物に付き合うほどイヤなものは無い。

女ってヤツはどうして最初に欲しいものをイメージしてから買い物に出かけないのだろうか。それが不思議だ。

気の向くまま、複数の店を行きつ戻りつして、一点を選ぶ作業は効率的でない。ただ、見てるだけ~であちこち歩き、結局、何時間も悩んだ挙げ句に「今日は何にも買わなかった」なんてこともよくある。

まあ、家内が浪費家でないだけ、僕は大変助かっているのだが、付き合って歩くのだけはお許しを願っている。

だいたい、女の買い物に付き合う男の姿って、格好悪いよね。

よくいるでしょ。

デパートの地下の片隅で、独りベンチに座っている、まるでボロ雑巾、使用済みみたいなおじさん。
奥方に買った紙袋をたくさん持たされ、生気の無い顔で不味そうにソフトクリム舐めている、奥方の買い物が終わるまでボーッと待っている。そういうおじさん、必ず見るよね。ああいう風にはなりたくないですね。

それに、僕らは栃木県に住んでいるので、家から都心までは電車で2時間弱かかる。結構疲れるのだ。

どうしても、一緒に行こうと言う家内は、今回は、知恵を絞った戦略にでた。
銀座でアナタの好きそうな映画をやっているから、私が買い物する間、映画を観てればいいじゃない、と言うのだ。

何でもテレビで紹介されていて面白そうだと言う。
思い返すと、銀座の小さな小屋で映画を観るのは「ニュー・シネマパラダイス」以来かも知れない。

まあ、それならよかろうということで、銀座に出かけることにした。

Img_1978


あまり期待もせずに観たオランダ映画「人生はマラソンだ!」が意外によかった。
僕にとって、初めてのオランダ映画である。

メタボのおっさん4人組の物語。

他にも多くの登場人物が出てくるが、人物描写が丁寧で、それぞれの人に感情移入してしまう。

煙突ニョキニョキ、殺風景なロッテルダムの風景が、とても印象的。

上映時間は113分。そんなに長い時間オランダ語を聞かされるのも初めての体験。

日本人は江戸時代、この言語を通じて西洋文化を吸収していったんだなあと感慨にふけったりして。

オランダから僕がイメージするもの・・・風車、チューリップ、麻薬、安楽死法。

雲を突くような大男ばかりで、日本人を差別する国。イコール行きたくない国。

そんなイメージは、映画を見た後でも変わらなかったけれど、もしかして、オランダ人って、日本人より人間関係がウェットなんじゃないのか? 

人と人との繫がりの深さを感じさせてくれる作品に仕上がっていて、ホロリとした。

それから、もう一つ、パンフに書いてあった言葉

「マラソンのスタートラインに立った全てのランナーが勝者だ」

この言葉、いいなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月15日 (日)

折角、晴れたのに

Img_1963_2最近、高い山に登ってない。

このままでは、だんだん登れなくなってしまうかもなあ。

昨日「アンと花子」でのセリフ「人生は引き算なのかも知れない」

ギクリとする言葉。

人生の残り時間は、少なくなる一方だ。

山に登らねば。

梅雨の合間に晴れた今日の日曜。

Img_1964朝5時にとりあえず起床。

昨夜飲み過ぎて(いつものことであるが)、気分が乗らない。

山行きをやめる理由を探す自分がいる。

Wカップ、日本の初戦があるしなあとか、膝の調子が不安だとか・・・

でも、昨日、友人から折角サイクリングに誘われたのに、山に行きたいからってお断りしたしなあ・・・・ブツブツ。

Img_1967ようやく、車を出したのが6時半。

百名山の中でも、家から比較的近い尾瀬の至仏山を目指す。

何組もの長い列の団体さんを追い抜いて、山の鼻の登山口に行ってみたら、入山禁止の札が。

そうだよ、植生保護のために7月1日にならないと登れないんだよ。

忘れていた。バカだバカだ。

Img_1973あ~あ、他の山に行けばよかった。

しかも、水芭蕉は見頃のピークを過ぎている。

まあ、気を取り直して、植物園を一回り。

1_img_1968偶然、ガガンボが画面に入った、ワタスゲの写真。

こんな写真が撮れたからイイことにしようか。

高い山は、また、後で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月 1日 (日)

 札幌に行って来た

Img_19325月29日。この日の札幌の気温は30度。

5月の真夏日は観測史上47年ぶりだそうです。

札幌に来た目的は、

①日本口蓋裂学会への出席

                          ②後輩が用意してくれる夜の宴会を楽しむ

Img_1934③藻岩山に登る

④市内を自転車で走る

とても盛りだくさんです。

先ずは藻岩山。

かの三浦雄一郎が60代の頃、あまりにも太りすぎて、自宅の裏にある「藻岩山」にさえ登れなくなったと言っていたのを覚えていて、一度は登ってみたいと思っていた山である。

Img_1936登山ルートはたくさんあるらしいが、一番人気という慈啓会病院前ルートを選んだ。

登り約1時間のコースです。

とはいえ、急登が続き結構きつかった。

この日は靄がかかっていたので、見通しが悪かったけれど、空気が澄んでいたら、夜景がきれいだろうな。

Img_1944自転車は折りたたみを家から持ってきた。

山から下りて、中島公園まで行く。

よく手入れされた都市公園。

札幌は緑に贅沢な街だと思った。

Img_1947ライラックの甘い匂い。

Img_1950大通公園を吹きわたる風。

Img_1923そして、宴会では、こんなのやら。

Img_1953_2

こんなの

Img_1955

こんなのまで、贅沢三昧。

札幌人だから設営できる夜を楽しませていただきました。

U先生有り難うございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »