« 桐生川ダム、そしてココファーム | トップページ |  札幌に行って来た »

2014年5月11日 (日)

痛風で「モンスター」

大型連休明けの日曜日、連休中より天候が安定するのが常だ。

そして、エネルギーも金も使い果たした人が多いのか、行楽地の人出は比較的少ない。

今日も文句のつけようのない五月晴れ。

本当なら富士山に登っているはずだった。

忌ま忌ましい痛風発作に見舞われなければ・・・

毎年、連休明けの日曜には僕が所属する「山の会」恒例の富士登山が行われる。雪に覆われた富士山は実に手強いが実に素晴らしい。

エントリーして楽しみにしていたのに、ドタキャンをせざるを得なかった。

右膝が痛くなり動くことが出来なくなったのだ。

今年は、自分が世話をしているぬか床の調子がすこぶる良く、美味しいぬか漬けでビールがすすむ。それがいけなかった。

お調子者の僕だから、毎晩ビール1リットル+α飲み続けていたら、このザマである。

早く治したい一心?で、ネットで「痛風」を検索したら、ポリフェノールが血液中の尿酸値を下げるという。

ビールは勿論、酒は全て痛風に毒だが、赤ワインだけは薬になるのだと書いてあった。
これぞ福音と、赤ワインを一本空ける。翌日、膝が余計に痛くなった。

何の情報でも自分に都合良く解釈してしまう、意地の汚さが祟った。

Img_1898外は本当に良い天気。絶好の行楽日和なのに・・・

身動きのとれない僕は、仕方なく、寝そべって本を読むことにした。

選んだのは、百田尚樹の「モンスター」。

1年以上前に買った本だが、美容整形を繰り返すモンスターのように醜い女の話とあって、「なんだかなあ~」いう感じで読まずに放ってあったのだ。

僕が持っていることを知らない家内が、つい先日買って来たので、我が家には同じ本が2冊ある。もともと読書をしない家内なので、彼女も読んでいない。

家に2冊もあるんだから、1冊だけでも読まなきゃ損と思い、読んだ。

内容は、予想してたとおりの「なんだかな~」であったが、一文一文が短く簡潔なのですらすら読める。

「ふむふむ、女ってこんな感じ、こんな感じ」と共感しながら読めた。

形成外科に関しては、十分に調べているのだろうけれど、歯科に関しては取材が甘いよ。口元の突出感は物語の中で記述されているようには簡単には治せない。咬み合わせがあるからね。

最初から終わりまで劣等感、嫉み、恨みがベースの物語なので、読後、鬱屈したものが心に残る。

でも、最後の中村うさぎの「解説」が面白い。この解説があって、この本は救われていると思った。

|

« 桐生川ダム、そしてココファーム | トップページ |  札幌に行って来た »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

ここまで徹底して暗いと逆に納得できる。
救いなんてないんだって開き直ることができる。
わたしは好きですよ、この本。

投稿: ナツ | 2014年5月11日 (日) 17時49分

それはそうと、飲みすぎには気をつけて。
どう考えても毎晩1リットル+αは多すぎです。
ぬか漬けには、、、麦茶で。
お大事に。

投稿: ナツ | 2014年5月11日 (日) 17時52分

ナツさん。ありがとう。

投稿: はーびー | 2014年5月11日 (日) 19時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111843/59625310

この記事へのトラックバック一覧です: 痛風で「モンスター」:

« 桐生川ダム、そしてココファーム | トップページ |  札幌に行って来た »