« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月

2014年2月16日 (日)

小さいおうち

黒木華のあでやかな着物姿!ベルリン国際映画祭フォトギャラリー

【山田洋次監督(82)の新作「小さいおうち」に出演した女優黒木華(23)が女優賞「銀熊賞」を獲得した】 というニュースを昨日目にしたので、午前中映画館に家内と出かけた。

黒木華(はる)さんは、NHK朝ドラ「純と愛」に出ていた。

可愛いのに何でここまで怖いのっていう強烈な性格の脇役を演じていたので、彼女が主演というこの作品が前から気になってはいた。

隣町のイオンシネマ、朝9時台の初回上映に間に合うように家を出る。

ホットなニュースが舞い込んだ直後の日曜日だから、客の入りが多いかなと思っていたが、なんと、観客は僕と家内の2人きり。

昨日までの大雪が影響していいるのだろう。

さて、暗い貸し切りの空間で、男女2人が、どんなことをしたかというと・・・・・・

人の目を憚る必要もないので・・・・上映中にもかかわらず、思いっきり、洟をかんだ。

腕を上に挙げて大きく伸びをする。

「あれ、さっきのシーン分かった?」なんて話しをする。

大きな映画館がまるでホームシアター。

実に贅沢な時間でした。

映画の内容は、ネタバレになるから書かないが、ストーリーは坦々と静かに展開し、久石譲の音楽も綺麗。心に残る作品でした。

ラストでは、僕も家内も目にハンカチを当てていたよ。

「銀熊賞」もらったわけだけど、こんな静かで献身的な、かつての日本女性の美しさが、果たして外国人の評論家に本当に理解できたのであろうか?気になるところではある。

でも、万能細胞で話題になった小保方晴子さんといい、今回の黒木華さんといい、最近、割烹着姿の女性に憧れてしまいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月12日 (水)

ニシン来たかとカモメに問えば~

Img_1667海無し県で生活している僕には、魚の知識があまりない。

ニシンといえば、蕎麦にのせる身欠き鰊と数の子ぐらいしか知らない。

先日、魚屋さんに勧められたのが、ニシンを酢でしめたもの。

シメサバは、よく口にするけれど、シメニシンは初めてだった。

Img_1665こいつはいける。

もう一つは、ぬか漬けニシン、これも初めて。

焼いてみたら、あまり糠を感じなかったが、美味しくいただいた。

Img_1668_2この日も、会津のお酒、いわき市の又兵衛。

吟醸香も豊かでいいお酒。

いつもより量が飲めないなあと思いつつ、ラベルを見たら、アルコール度数19%以上20%未満だって。

酔っ払うわけだ。







| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 9日 (日)

雪の足利 その三 男浅間

Img_2218浅間山(せんげんやま)といっても、小高い丘に過ぎず10分も有れば登れてしまう。

でも、足利で一番見晴らしのいい場所かも知れない。

Img_2220山頂にある神社。

8時をまわっているが、足跡はない。

僕が一番乗り。

雪山装備で出かける酔狂なヤツは僕だけかなあ。

あ、思いついた。僕の高座名。

「酔狂亭洒脱」って、いいと思いませんか?

高座に上がる訳ではありませんが・・・

Img_2227赤城山

Img_2233浅間山

Img_2235そして、富士山。

北には男体山も見えたよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雪の足利 その二 渡良瀬川

Img_2188河原まで歩いた。

中橋

Img_2196渡良瀬橋の向こうに浅間山が見えた。

Img_2205川面が一部凍っている。

002足跡一つないから、気持ちがいい。

00730cmは積もっているかも。

登山靴にスパッツ、更に軽アイゼンを付ける。万全の足回りだ。

足利の町歩きでアイゼン付けるなんて初めてのことである。

Img_2208川を渡って、向かいの男浅間に登ってみよう。

今朝は見晴らしがいいはずだ。














| | コメント (0) | トラックバック (0)

雪の足利 その一 鑁阿寺

Img_2154_2何故か休日の朝は早く目覚めてしまう。

雪の降った朝はなおさらのこと。

朝6時台に準備を整えて、雪の町を撮影して歩く。

先ずは、鑁阿寺(ばんなじ)

Img_2161a去年、国宝に指定された本堂。

Img_2165お地蔵さんも雪の中

Img_2175敷地内にある児童公園にカマクラが出現した。

Img_2179子供の姿は未だ有りません。











| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 5日 (水)

ビーフシチュー

Img_1639よく行く肉屋で、牛のいいすね肉が手に入ったから、ビーフシチュ-に挑戦。

Img_1641成城石井が輸入しているというので、名前で買ったテーブルワイン。

酸味が強くて好みじゃないと思いつつも、デキャンタする内に飲めるようになってきた。

Img_1643家内が、圧力鍋だと速く柔らかくなるからと言うので使ってみたら、肉がホロホロを過ぎてトロトロに煮崩れてしまった。見た目が悪くなって、ちょっと残念。

でも、味は実に良かった。

前にも紹介したけれど、10年以上前から僕が教科書にしている本のレシピだ。

「ビストロ仕上げのスープと煮込み」

お薦めです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »