« 両毛線・小さな煉瓦の橋 | トップページ | 「ちりとてちん」が一番や »

2013年12月13日 (金)

ガンバレ本物の即席麺

Img_1500ムカーシから、僕は「サッポロ一番」のしょうゆ味が大好きなんです。

こないだスーパーに行って驚いたんよ。

普段1パック5袋入り200円台だったサッポロ一番が358円もした。

新発売の「頂」と同じ値段。

小麦の高騰は分かる。

円安も分かるけれど、新製品と同じ値段はないだろう!!!

こちとら、モノゴコロついた頃から即席ラーメンを愛して止まない大ファンなんだよ!!

新しい方向性が見えたからって、従来路線を切り捨てにする気かい?

少年サンデーのオバQに小池さんがに登場する頃からだよ。即席麺にゾッコンになったのは・・・・

たしかに過去には、いろいろあったよね。

ハウス食品とかのノンフライ麺が脚光を浴びたりね。

でもさ、食堂で出されるラーメンをマネしたノンフライ麺は、やっぱ「偽物」の域を脱し得なかったな。で、消えていった。

結局そこで、油で揚げた従来の即席ラーメンは、市中のラーメンと違うジャンルの食べものとして認識され、本物のラーメンと全く異なった範疇、カテゴリーとして根強いファンに支えられ今まで生き残ってきたわけだ。

ず~っと長い間、人々から愛され続けてきた。

ところが昨今、正麺だのラ王だの、お店で食べるラーメンにひけを取らない優れた製品が出てきたじゃない?すごくヒットしているという。

だからね、従来の古典的「即席ラーメン」がスーパーの棚から消えてしまうのではないかと気を揉んでしまうのだ。

ガンバレ昔ながらの「即席ラーメン」

声高にエールを送りたい。

僕は死ぬまで君が好き!!!

Img_1498_2ところでね。

本当に美味しいチャーシュウの作り方知ってます?

バラや肩ロースのブロックをフライパンで焼いた後、どうやって煮込むかというと・・・

今まで僕は、酒や味醂、生姜、黒胡椒、長ネギ、ニンニク、八角やらを加えて煮込んでいた。

いろんなモノ加えると美味しくなるような気がして。

でもね、プロは違うんだって。

お醤油だけなんだ。

少しは水も加えると思うけど、お醤油だけで味を付ける。

そうすると、できたチャーシュウはどんなスープにも合うんだ。

シンプル・イズ・ベストの見本だ。

騙されたと思って試してごらん。

豚肉材料の質にもよるが、ビックリするほど美味しい極上のチャーシュウが出来るよ。

もう一つのポイントは、煮詰めないことね。煮詰めたら旨みが逃げて肉がカスになってしまう。肉の中心に火が通ったらさっさと火を消すこと。

あら熱が取れたら汁ごと冷蔵庫で保存。剥いたゆで卵を一緒に漬けておけば、味付け玉子もできちゃう。

ちょい濃い目の味付けがお薦め。保存もきくしね。

|

« 両毛線・小さな煉瓦の橋 | トップページ | 「ちりとてちん」が一番や »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ガンバレ本物の即席麺:

« 両毛線・小さな煉瓦の橋 | トップページ | 「ちりとてちん」が一番や »