« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月

2013年11月30日 (土)

おうちでフォアグラ

今日とびこんだニュース。

外食で一人1万円を超えたら課税をすることを、政府が考えているんだって。

まあ、僕にはあんまり縁の無い話だから、どうでもいいやって思うけれど、ますます、家飲みする人が増えるんじゃないかなって思った。

新税の話は、置いといて・・・・っと。

僕は今宵も家飲み。

今日はね、初めて、家でフォアグラを焼いて食べた。

ネット検索してたら目に入った、フォアグラ250グラム、3300円。送料無料。

Img_1524気になって、思わず買ってしまった。

便利な世の中だ。

冷凍で届いたので、室温解凍。

塩胡椒して、小麦粉をふり、ソテーした。

やっぱり、牛肉の上に乗せたいと思って、肉屋に行ってステーキ用の肉を買ったのだけれど、ヒレはあまりにも贅沢だとモモ肉になってしまったが、同時に、フォアグラと別のフライパンで焼いた。

ソースは、赤ワインとマルサラ酒を煮詰めて、バターを溶かした。

マルサラ酒みたいなものが家にころがってるのが、ちょっとした僕の自慢。

赤ワインを開けて、至福のひととき。

ところで、驚いたことに、我が家の家内も子供達も、フォアグラのソテーは初めて食べるいう。

なんと、今まで僕ひとりだけが贅沢してたのか、とんだやぶ蛇、白い目で見られた。

でも、おおむね家族からは好評であった。

おうちでフォアグラ。

昭和の時代には考えられなかった食卓の風景である。

Img_1526

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年11月21日 (木)

大澤菓子店

地元に古くからあるお菓子屋さん。

大澤菓子店。

011足利市通1丁目の交差点にあるお店。

いわゆる駄菓子屋ではない。

せんべいや豆菓子を専門に扱っている。

早朝七時半には店を開けている。

老夫婦の勤勉さに驚く。

特にこの時期、空気が乾燥してくると、無性に食べたくなるんだなあ、ここの煎餅。

濃~いお煎茶淹れて、3時のおやつに毎日のように頂く。

僕は、痩せられないはずだね。

007店先に無造作に並べられた、種々のおせんべい。

昔は、量売りしてたそうだ。

009みんな美味しいけれど、僕が買うものはいつも同じ。

店を切り盛りするおばちゃんは、ご主人と2人で、もう60年も店を守っているそうだ。

どうぞ、いつまでも長生きして下さいね!!

街の宝だと思う。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年11月16日 (土)

ココファームワイナリー収穫祭 2013

Img_1475_2前日までの冷え込みがうそのような今日の小春日和。

収穫祭に行ってきました。

着いた時に、丁度、ヴァイオリニスト・古澤巌さんの生演奏が聴けてラッキー。

Img_1482_2今年のラベルは、原口健太郎氏のかわいらしいイラストです。

まだ、赤しか飲んでませんが、ナパのワインに負けないぐらい美味しく仕上がっていると思います・・・・・・・なんちゃって、ワイン通でもあるまいし、ごめんなさい。

でも、僕はこのワイン好きです。よく練習を積んだ室内楽のアンサンブルのようです。フルートとヴィオラとチェロが聞こえてきそう。

少なくても、ラベルに描かれているバンジョーやバンドネオンでなく、もう少しシルキーな感がしました。

去年も収穫祭の記事をブログにしました。

実は、ここ数日、その去年の記事を見てくれる人が急に増えたのですねえ。

どうやら「ココファームワイナリー収穫祭」「トイレ」で検索すると、僕のブログにヒットするらしいのです。

収穫祭には行きたいけれど、トイレ事情は?と、気にされる女性がたくさんいらっしゃるのでしょうね。

Img_1469確かに長い列が出来てます。

一番混雑しているステージ周辺を外せば、例えば、下の受付の奥にあった何棟もの仮設トイレでは、比較的並ばなくて済むようでしたので、会場に着いたら、まず最初に、混んでなさそうなトイレの場所を確認することをお薦めします。

左写真は空いている方のトイレ。

混雑しているトイレの列には、あまりにもお気の毒でカメラを向けることすら出来ません。

トイレの数がまだ足りないぞ。

地元応援団の一員としては、運営サイドにもう少し頑張って頂きたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月 3日 (日)

ハーフがこんなに辛いものだとは

地元、足利尊氏公マラソン。5回目出場となるハーフをなんとか完走した。

記録は、公表したくない、2時間25分25秒。

013

後ろの人にどんどん抜かれていく。

020
でもね、残り5キロの地点で、正面から天使が駆けてきた・・・・

ゲストランナーの大久保絵里さんがゴール直後に、また反対方向に折り返し戻ってきてくれたのだ。

「ガンバレ!」の声援を素人ランナーにかけるために。

その笑顔が素晴らしいこと!

こんな、素敵なゲストランナーは初めてだ。胸キュンキュンであったよ。

021

僕にだけくれた声援ではないのは重々承知の上ながら、感動したよ。

諦めかけていたゴールを目指す気にしてくれたよ。

022

ゴール間近になると、沿道の観客から「波平ガンバレ!」の声援が。

僕のすぐ後ろに、波平さんが走っていたのだ。

ジジイに負けてたまるかと頑張ったが、最後の1キロで抜かれてしまった。

ハーフはもう走るのやだなあ。もう辛いよ。

歳を重ねていくうちに、こんなふうに、いろんなことを、あきらめて、そしてまた、あきらめて、老いていくんだろうなあ・・・







| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »