« 渡良瀬川の起点と終点 | トップページ | 買うこともあるまいと思っていた自転車を買ってしまった »

2013年5月14日 (火)

富士山より怖い高速道路

Img_0479_3山の会恒例の富士登山。

連休明けの日曜に毎年出掛けている。

雨の土曜日。夜中に登山口近くの水ヶ塚公園にテントを張る。

翌朝も小雨が、山桜を濡らしていた。

Img_0483_3それでも、天気は次第に回復し、絶好の登山日和となる。

雪は少なく、くさり始めていたので歩きづらかったが、なんとか火口の神社までたどり着いた。

雲海も素晴らしくきれいだった。

Img_0486_2この辺りまでは、楽しい山行で、良い想い出になったわけなのだが・・・・・

この日のメインイベントは、帰りの高速道路で起きた。

なんと、首都高を走っていた僕らのワゴン車のタイヤがパンクしたのだ。

ガタガタガタといきなり大きな音のした時には何が起きたか分からなかった。

車を減速、道路の左いっぱいに停車させるも、首都高には路肩がない。

左車線をほとんど閉鎖するように車を停めた。

ハザードランプを点滅するも、後ろからは、次から次に猛烈なスピードで車が迫ってくる。

ああ、追突される!!! 

ただただ、オロオロしていると、突然、後ろから公団のパトロールカーが黄色に輝くサイレンを鳴らしながら駆けつけてくれた。

事故車の存在を直ちに察知するセンサーでもあるのか・・・・そんなわけない。

聞けば、偶然、僕らのすぐ後ろを走行していたという。

Img_0495_2「90メートル先に行けば、避難スペースがあるので、ゆっくり車を動かして下さい」

ヘルメット姿の隊員の姿が、神様のように見えた。

彼らの見守りがあったから、車をガタピシ移動させ、タイヤを交換することができた。

一時は、大型ダンプに追突されて、これで人生が終わるのかと思ったよ。

まだ、僕の人生、ツキが残っている。そう、信じて生きていこう。

そんなこんなで、山頂で初めてビデオ撮って、アップしようと思った映像も光を失って見える。でも、折角撮ったのでアップします。

|

« 渡良瀬川の起点と終点 | トップページ | 買うこともあるまいと思っていた自転車を買ってしまった »

山歩き」カテゴリの記事

コメント

高速でパンクなんて考えただけで怖い!
しかも路肩がないなんて・・・!
無事でよかったですね。

ビデオ、すっきりくっきりでとてもきれいですよ。
空気が澄んでる感じします。
ナレーションも

投稿: ナツ | 2013年5月15日 (水) 22時39分

ナツさん、見てくれてありがとうございます。
ホント、九死に一生を得るとは、このことだと思います。
人知れず山で倒れるのは覚悟?の上ですが、交通事故で死にたくないです。

投稿: はーびー | 2013年5月15日 (水) 22時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 富士山より怖い高速道路:

« 渡良瀬川の起点と終点 | トップページ | 買うこともあるまいと思っていた自転車を買ってしまった »