« 新年の抱負 | トップページ | 八重の桜 »

2013年1月18日 (金)

ステキな金縛り

高2の息子がTSUTAYAでDVDを借りてきた。

三谷幸喜のヒット作だという。

聞いたこともない「ステキな金縛り」という映画。

2011年10月29日封切りで、大ヒットしたというのだが、とんと記憶にない。

震災の年だったもんね・・・・

僕は元々、三谷幸喜は才能を鼻にかけているようで、ちょっと苦手。取り巻き俳優連中に崇められ、男・橋田壽賀子といったイメージ。

女房は「変人に見えるけれど、三谷は単に一人が好きなだけだよ」と擁護するが、朝日新聞の連載コラムも読む気がしない。

鳴り物入りのCMにつられ、映画館で観た「ザ・マジックアワー」を楽しめなかった経験もあり、まあ、事前の予備知識ゼロ、期待もゼロ状態で「ステキな金縛り」を観た。

いやいや、頗る面白かったよ。

142分もある作品だが、少しも飽きずに観られた。

端役にいたってもオールスターのオンパレード。

福島出身の西田敏行が、震災の年にこんなコミカルな演技をと思いきや、クランクアップが前年の2010年であると知り、納得。

それから、連続テレビ小説「あすか」の竹内結子がこんなに「いいオンナ」になっているとは知らなかった。ただ、佐藤浩市はいらないね。

|

« 新年の抱負 | トップページ | 八重の桜 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ステキな金縛り:

« 新年の抱負 | トップページ | 八重の桜 »