« 沢登りと箱ワイン | トップページ | 宇都宮のインドカレーの店 »

2012年9月30日 (日)

ブドウエビ、岩手山、ついでに学会

Img_0302先日、日本矯正歯科学会が盛岡であった。

この機に百名山の岩手山に登ろうと思い、一人で車に乗る。

自宅から片道500km弱の道のり、運転に不安はあったが決行。13時に家を出て、18時半には目的地のお寿司屋さんに到着。

仲間が予約してくれた、盛岡市内の「横綱寿司」。

Img_0304さすが地元で評判の店ということもあって、近海で獲れたての「ブドウエビ」は初めて食したが、とっても甘くて美味しかった。

店が薦めた大吟醸「北窓三友」

意味は、琴、詩、酒のことだという。4月にブログにした「琴棋詩酒」 引くゲームということであろうか。友と酌み交わすのに相応しいネーミングだと思う。

酒瓶を持っているのは、親友の奥さん。この日初めての対面。素敵なヒトでした

糀の薫り高い地酒でした。

20120926_203527寿司屋でいい気持ちになってから、僕一人、運転代行を呼んで岩手山登山口へ。


Img_0305代行呼んで登山口まで移動し、テント張るのは初めての経験。

一方、代行の運転手にとっても初めてだったらしく、馬返しのだだっ広い駐車場に着くまでの寂しい道、不安そうであった。

Img_0312台風17号18号が接近中であったが翌日は晴天に恵まれた。

早朝、駐車場から望む岩手山の頂は雲に隠れていたが、一日雨の心配はなさそうである。

3時間半ほど登ると、8合目の避難小屋に着く。

Img_0319お釜のフチに上がると見えてくる火山口。左のピークが岩手山の頂上です。

Img_0320_4今回、時間の都合で足を運ばなかったが、外輪山も魅力的な姿だ。

岩手山は、浅間山をコンパクトにしたような印象を受けた。

Img_0325朝、登山口までタクシーを乗り付けた人を目撃。朝6時のことである。盛岡のホテルからに違いない。僕と違って、都会的で品のある身なりをしている。学会に参加した同業者かも。

話しかけると、案の定、国分寺の歯科医であった。

頂上での記念撮影、お互い、カメラのシャッターを押し合う。

自宅に帰って確認したら、僕が写っているはずの写真が撮れてないよう 

来年の学会は松本の予定だから、また、山を優先するかも。国分寺の先生!貸しがあるからね!今度はちゃんと撮って下さいね

|

« 沢登りと箱ワイン | トップページ | 宇都宮のインドカレーの店 »

山歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブドウエビ、岩手山、ついでに学会:

« 沢登りと箱ワイン | トップページ | 宇都宮のインドカレーの店 »