« 梅雨明けに乾杯 | トップページ | 日本の夏、カレーの夏 »

2012年7月22日 (日)

エロ本×2

Img_0242赤い帯にやられた。

都内の本屋で平積みに・・・・・

「エロ本」という大きな文字に反応。横目でチェックし、ひとまず通り過ぎ、二三歩進んでから踵を返す。万引きするわけでもないのに人の視線を気にしながら、手に取ってみる。

ホイチョイ・プロダクションズ作品というのも、郷愁をさそった。

表紙の「やれる店」「sex」「エロ本」の羅列は、真っ赤な嘘。ただの蘊蓄満載の東京グルメガイドである。

昔は、グルメ本たくさんあったのに、ネットに押されて少なくなったような気もする。

まず商品を、手に取らせるところまで行けば半分成功なのだろう。ぱらぱら見たが、この本、写真を一枚も使わず、イラストだけというのも面白い。

公正取引委員会に訴えてやる、と思いつつも購入。

Img_0240_3これも帯が効いた。

「この官能文庫がすごい!」にやられた。

僕らの世代にとって、官能小説といえば、御三家、宇能鴻一郎、川上宗薫、富島建夫、諸先生には独身時代ずいぶんとお世話になったものである。

最近は、手にすることもないが、今でも、本屋で双葉文庫、祥伝社文庫、竹書房ラブロマン文庫等の陳列棚の前に来ると、なぜか足早に通り過ぎてしまう僕です。

「李下に冠を正さず」というか、地元の本屋では、全く関心のない素振りをするものの、都内の本屋となると勝手が違う。

匿名社会で変貌するわけで、買ってしまった。

レジが女性の店員さんのときには、裏返して渡したりしてしまうのですが・・・買ってしまった。

そして、読んでしまった。

すごかった。

何が凄いって、とてつもなく、哀しくて、切ない内容。最後には嗚咽しそうになる。

こんなにジーンと心に浸みる官能小説は初めてだった。

草凪優。初めて読んだが、40代の作家ながら、なかなかの腕の持ち主だと思う。

|

« 梅雨明けに乾杯 | トップページ | 日本の夏、カレーの夏 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111843/55250282

この記事へのトラックバック一覧です: エロ本×2:

« 梅雨明けに乾杯 | トップページ | 日本の夏、カレーの夏 »