« エロ本×2 | トップページ | 赤城山大沼 »

2012年7月25日 (水)

日本の夏、カレーの夏

日本人のカレー好きは万人の認めるところだが、その原因を詳らかにした論説に未だ巡り会ってはいない。

戦後の学校給食に由来する?夏の湿気と暑さに関連する?S&Bとハウスの戦略による?

素人ながらいくつもの仮説は浮かんでくるが、この章では、この問題を議論するものではない。

なんちゃって!!

Img_0243おふくろのカレー。国民ひとりひとり、それぞれに懐かしいカレーの味があるのだと思う。

今日スーパーに行ったら、こんな商品があったので、買ってきた。

こういう商品までもが流通していることろが、日本のカレー文化を象徴しているようで、実に楽しい。

それぞれの家庭で、より美味しいカレーを作ろうという情熱がなければ売れない商品だよね。

リンゴと蜂蜜は言うまでもなく、インスタントコーヒーやチョコレートを加えたりする話はよく聞く。

僕の好きなカレーは、本格インドカレー。

昭和40年代の夏、小学生だった頃、旧軽ロータリー付近にあった「銀座デリー軽井沢店」で食べたカシミールカレーがあまりにも衝撃的で忘れられないのだ。(その支店はとうの昔に閉店)

その後、学生時代を東京で過ごし、数多のインドカレーを食べ歩いたが、やはり、「銀座デリー」本店のカレーが一番好きです。

この歳になるまで、試行錯誤を重ねながら、「デリー」のカレーをイメージしてインドカレーを作って遊んできたので・・・・・とはいっても10回とか20回とかの回数ですが・・・・

Img_0235今日は、僕流インド風カレーの作り方を紹介したいと思います。

カレー粉は使わない。小麦粉も使わない。

まずは、台所にある、ありとあらゆる香辛料をかき集めることから、作業が始まる。

インドは広いし、人口も膨大、それぞれの家庭にそれぞれのカレーがあるのだろうから、基本的には何の香辛料を入れてもOKだ。

でも、カルダモン、シナモン、丁字あたりを香りの柱にすると、インドカレーらしくなるようです。調合の割合は、適当。作るたびに味が変わるので、それも楽しい。

ガラムマサラも使わない。味が壊滅的になってしまったときの為にとっておく。これを入れてしまうと、カレー粉の味になっちゃう。つまり、敗北を意味する。

香辛料を一晩水に漬け置けとか、石臼で砕けとか言うレシピ本があるけれど、そんな面倒なことはせず、1リットルぐらいの水を入れた鍋に香辛料を入れて、1,2時間トロトロ煎じるのが手軽でお薦め。

辛さは、鷹の爪と胡椒をお好みで加える。

煎じている間に、鶏肉や豚肉、ラム肉等、その日の気分で選んだ材料にきつめに塩胡椒しておく。

Img_0236


玉葱、ニンニク、生姜をすり下ろし、オイルを入れたフライパンで炒める。キツネ色になったら、トマトの水煮を適当量加える。コンソメ顆粒もね。

煎じた香辛料を茶こしで濾して、これに加える。

別のフライパンで肉をローストしてから全体を合わせる。

肉は煮ない方が良い。煮すぎると旨みが外に出てしまい「ダシガラ」になってしまうから。

このレシピは、野菜の皮むきや包丁刻みがない分、家庭でいつも作るカレーに比べて手間暇は変わらないと思う。むしろ、驚くほど簡単。

Img_0244この写真の盛りつけは、女房の手によるものなので、美的でない。

でも、味は良かったです。

|

« エロ本×2 | トップページ | 赤城山大沼 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本の夏、カレーの夏:

« エロ本×2 | トップページ | 赤城山大沼 »