« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

2012年6月28日 (木)

自転車用パンツを買った

自転車に乗り始めたが、尻がサドルに当たって痛くて仕方ない。

というわけで、ネットでサイクルパンツなるものを購入。

二日後に届いたそれは、えもいわれぬ不思議な代物であった。

例えは悪いが、生理用品の巨大なのをパンツに貼り付けたような感じで、手にするのもおぞましい感じ。男がこんなの穿けるかよ!

当然、社会の窓もないので、小用を足す時困りそう。なんやかんやブツブツ言ってたら、女房が、「いっその事、大人用おむつの方が安くて便利かも」と言ってきた。

「馬鹿なことを」とブツブツ言いながら穿いてみたら、案の定歩きづらく自然とガニ股歩行になる。

このパンツ、肌に直に身につけるということなので、一旦穿くと、すぐ脱いでそのまま保管するには少し抵抗がある。一旦穿いてしまったのだから、いざ出陣という感じにどうしてもなってしまう。

出掛けようかどうしようかと迷っているときには、これを穿けば潔く出掛けられそうでイイかも。

確かに穿いて自転車に乗ると、お尻の痛さから少し解放される。

パッド付きサイクルパンツ

この間、自転車を始めたと記事にしたら、自転車好きで親切な N君がわざわざ僕の自宅まで、お古のヘルメットを持ってきてくれた。

峠越えをするならヘルメットは必需品だそうだ。猛スピードで急ブレーキをかけたときに体が飛ばされ、アスファルトに頭を打ちつける恐れがあるという。

だんだん、僕の嫌いな自転車乗りの格好が出来上がりつつある。

このまま行くと、何十万もするロードバイクが欲しくなってしまうのではないか?

自分が怖い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月20日 (水)

街中でハクビシンを見た

3日前、自転車で晩飯のトンカツ買い行ったとき、信用金庫の入り口で発見した不思議な生き物。

体長約120cm。最初は猫かなと思ってよく見ると、鼻の辺りが尖っている。

自転車のライトを当てたらこちらを向いた。顔の中央に白い筋。ハクビシンだ。

昭和50年代まで賑わっていたこの中心市街地で、ハクビシンを見るとは・・・・・

東京新宿駅周辺でハクビシンを見かけたという話を最近ラジオで聞いたから、僕の町で見かけても不思議じゃないか・・・

ジジババだらけの町になると、こういった中型の野生生物がその隙間を埋めていくのかなあ。

家にハクビシンが巣くったら、駆除が容易でないと聞いている。

ウチには来ないでおくれね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月10日 (日)

自転車に乗ってわかったこと

Img_0142_4


自転車乗りの格好ってあるじゃない。

紡錘形の瓜のようなヘルメットに肌に張り付くようなシャツとスパッツ。

あの格好は嫌なのね。みんな、同じ格好をしている。僕はしたくないなあ。

そもそも、漫画「がきデカ」か「両津勘吉」みたいな体型をしている僕に、ヘルメットのようなかぶり物が似合うはずがない。ぴちぴちのシャツに、せり出した腹は納まりきれないし・・・・

でもね、自転車に乗り始めてから、あれって必然なんだってことに気がついた。何でもやってみないと分からないものですね。

変速機付きの自転車ってスピードが凄く出る・・・・というか、ギアの切り替えで急な坂道でもどんどん登れちゃうものだから、当然下りの急坂で猛烈にスピードが出るのだ。

転んだらアウトだから、ヘルメットは必需品。軽そうで、かつ、風通しも良さそう。

高速で走っているときに、だぶだぶのシャツだと空気抵抗大きいし、急激に体を冷やしてしまいかねない。風を遮断して、水蒸気だけ逃がせるタイプのあのシャツは理にかなっている。

ゴーグルもないと大変。風よけだけでなく、虫除けに欠かせない。走っていると、小さい虫が目に入って危ないのだ。

「お決まりの格好」の購入には、もう少し抗ってみようと思っているが、時間の問題かも。

Img_0145_4さて、関東は昨日梅雨入りで、今日もすっきりとしない空模様だったけれど、午前中は、雨が降らないというので、自転車に乗ってきた。

家を出て、藤坂峠、猪子トンネル、渡良瀬のサイクリングロードというコースで、所要時間は約2時間。

ジムに行くのもいいが、外で汗を快適にかくには、自転車は実にいいアイテムだと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »