« オーストラリアのシラーズ | トップページ | 梅が咲かない »

2012年3月 5日 (月)

箱ワインのノズルのことなど

Img_0308_2

箱ワインの購入は、これで2度目。

飲むたびに感心するのが、この仕組み。

空気を遮断したアルミ泊の容器。開封後、数日しても味が落ちない。

徹底した軽量化も実現し。輸送エネルギーを節約し、とってもエコ!

極めつけは、如何にも男らしい蛇口。

Img_0281_3 コックを開くと、勢いよくホトバシルワイン

コックを閉めた瞬間、一滴も漏らさず、実に切れがよい。

悔しいほど羨ましい

昔は、オレもそうだった。

中学三年の卒業式の日。

三階にあった教室から、下の中庭めがけ、誰がションベンを一番遠くに飛ばせるか競った。

そんな思い出がある。

女には分かんないだろうなあ・・・・

もちろん飛ばせるやつが一番偉い!!

今のオレは・・・・

将軍御三家。キシュー、ミトミト、オワリ。

オワリは目前。箱ワインのコックが恨めしい。

身近に尿カテーテル入れている御仁がいる。尿カテーテルってイメージできますか?

ご存じない方は、ネットで検索してみてください。挿入の仕方の図説があるから・・・

いかにも痛そうで、背筋が凍る。キシロカインゼリーいくら塗りたくったとしても、恐ろしい。死ぬまでお世話になりたくない。

でも、このオーストラリアの箱ワインは、美味いよ。

シラーズとカベルネ種のワインでクランベリーのような果実を感じて、いくらでも飲めた。

美味しいからといって、飲み過ぎると、カテーテルのお世話になるかも・・・・

|

« オーストラリアのシラーズ | トップページ | 梅が咲かない »

ワイン」カテゴリの記事

コメント

もぉーっ 美味しそうなワインがぁ・・・

でも、おもしろかったです!

投稿: りんりん | 2012年3月 6日 (火) 21時50分

こういうコトに反応してくれる、りんりんしゃんがあ・・・・とっても嬉しいです

投稿: はーびー | 2012年3月 6日 (火) 22時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 箱ワインのノズルのことなど:

« オーストラリアのシラーズ | トップページ | 梅が咲かない »