« 夜と呼ぶには早すぎて | トップページ | My Funny Valentine »

2012年1月31日 (火)

虹の女神

一昨日、「太陽の女神」の記事を書いたので、今日は「虹の女神」(2006年公開)。

3つの理由から忘れがたい名作。

ひとつめ。

それは、僕の住んでいる足利市がロケに使われたこと。

全てのシーンが足利ではないけれど、主人公が働いていたレコード店(今はない)や劇中劇の8mm映画の公園、ラストシーンの土手・・・・

ア、ここ知ってるっていう場所がいろいろ登場するので、足利市民としては誇らしくなる映画です。

ふたつめは、言うまでもなく映画の内容。

兎にも角にも、主人公の上野樹里の演技が素晴らしく、市原隼人、蒼井優、相田翔子、佐々木蔵之介、小日向文世・・・そうそうたるメンバーの演技も印象的。

心に沁みる、もの悲しく、切ないストーリー。まだ見てない方はお試しあれ。「のだめ」や「江」と違った上野樹里に出逢えます。

みっつめ。

映画で象徴的なモチーフとして取り上げられた、水平に走る虹。

映画ではCGだったけど、実は僕、見たんです。本物を!!

’09年の7月に息子と行った白馬岳付近で。

実に幻想的でした。水平の虹は正式には「環水平アーク」というそうです。

Img_0017

|

« 夜と呼ぶには早すぎて | トップページ | My Funny Valentine »

映画」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
水平に走る虹、とは初めて知りました。
本当に幻想的ですね!。

写真でこれだけきれいなのだから、実際に見たときにはもっときれいだったのでしょうね!

私も見てみたいなあ・・・と思いました

投稿: manato | 2012年2月 1日 (水) 17時13分

manatoさん 
コメント有り難うございます。
山に登り、空を見るのはとても楽しいことです。
雲海に沈む夕日や、満天の星空など、驚きや感動に出逢えますよね。
水平の虹に出逢えるといいですね。
僕も、もう一度見たいです。

投稿: はーびー | 2012年2月 1日 (水) 18時09分

おはようございます。

あまり映画の事はわかりません。

>’09年の7月に息子と行った白馬岳付近で。
>実に幻想的でした。水平の虹は正式には「環水平アーク」というそうです。

すばらしい画像ですね。私もこんな写真撮ってみたいです。

BS-TBSの落語、録画して楽しんでます。
教えて頂きありがとうございました。

投稿: yanbaru | 2012年2月 2日 (木) 10時46分

yanbaruさん
あれから、志ん生の「子別れ」もCDで聞いたのですが、志ん輔が忘れられません。
なんてったって、お正月特番のオオトリでしたものね。
BS-TBSを録画しようと思ってましたが、午前3時を午後3時と間違えて、トホホでした。
またの機会を逃さずにいようと思っています。

投稿: はーびー | 2012年2月 2日 (木) 11時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 虹の女神:

« 夜と呼ぶには早すぎて | トップページ | My Funny Valentine »