« 志ん輔で初泣き | トップページ | 施主の挨拶 »

2012年1月 6日 (金)

飼い猫が死んだ

今日夕刻、飼っていた猫が死んでしまった。

名前は、「びー」。

ブリジット・バルドーにあやかって「BB(ベベ)」と名付けたが、呼びづらいので、いつの間にか「びー」になっていた。

知り合いが我が家に連れ込んでから、20年。

当時、僕はまだひとり者。女房より長い付き合いだ。

緑色の瞳がきれいな雌猫。雑種だが見た目はシャム猫。昔は可愛い子猫だった。

爪研ぎが大好きで、壁紙はメチャメチャ、木製のドアも傷だらけ。

毛繕いが大好きで、毛玉を吐いては、日々床を汚す。

気性の激しい猫だった。

最近は、目も見えず、音も聞こえず、痩せ衰え、ビッコをひいていた。

半年前から、トイレがうまく出来ず、部屋の中は彼女の小水の匂いでたまらなく、邪険にしていたことも事実。おばあさんになっただけなのにね。

ごめんよ、びー。

明日、お墓をつくってやるからね。

|

« 志ん輔で初泣き | トップページ | 施主の挨拶 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 飼い猫が死んだ:

« 志ん輔で初泣き | トップページ | 施主の挨拶 »