« ジェノサイド | トップページ | 「小原」は「オハラ」 »

2011年12月27日 (火)

13階段

小説をたくさん読むようになったのは、ここ2,3年ぐらいから。

笑われちゃうかも知れないが、「13階段」という小説の存在すら知らなかった。「ジェノサイド」を読むまでは・・・

友達のJoeちゃんが「お気に入りの本」と教えてくれたので、早速読んだ。

緻密なミステリー!クライマックスで背筋がゾクッと冷たくなることしばしば。

夢中でページをめくった。

個人的な経験からすると、「スティーブン・キング」の作品群や、「エイリアン」「ジュラシックパーク」以来のゾクゾク感が楽しめた。

ところで、東京拘置所の死刑執行の刑場が報道陣に初めて公開されたのは、昨年8月のこと。当時の千葉法務大臣の意向であるという。

約10年前のこの作品に、そのとおりの部屋の様子が記されている。

作品を読んでから、新聞に公開された刑場の写真を改めて見ると、心拍数が倍に上がるほど恐ろしく感じられる。裁判員には一生選ばれたくないものだ。

高野和明という人の文章は、極めて映像的だとしみじみ思った。

映画もあるというので、見てみようっと!

|

« ジェノサイド | トップページ | 「小原」は「オハラ」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

こんばんはー。
「13階段」何年も前に読んだことを思い出しましたbook
でも、内容は・・忘れてしまいましたsweat02
私は はーびーさんと逆で昔は小説を毎日読んでましたが
最近はまったく読まなくなってます・・・coldsweats01
また読書熱もどらないかな~^^

投稿: りんりん | 2011年12月27日 (火) 20時30分

りんりんさんコメントありがとうございます。
読書熱もどるといいですね。りんりんさんのブログに読んだ本のリストありましたよね。面白い本があったら紹介してください。

投稿: はーびー | 2011年12月28日 (水) 10時17分

私も
すごいストーリー!
と読後に感激したことだけは,
覚えているのに,
内容が,さだかではない・・・

こんなことが,
しょっちゅう。


でも,
「同じ本で何度も
楽しめるじゃない!」という
同病(?)の少し先輩の一言に
すっごく,うれしくなった
私です

投稿: Joe | 2011年12月30日 (金) 07時53分

Joeちゃんコメントありがとうございます。
ミステリーは、初回のドキドキ感が2回目には感じられないけれど、ストーリーの展開の妙を味わい直す楽しみがありますよね。
「このタイミングに、この伏線か」なんてね。

投稿: はーびー | 2011年12月30日 (金) 10時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111843/53581415

この記事へのトラックバック一覧です: 13階段:

« ジェノサイド | トップページ | 「小原」は「オハラ」 »