« 初めての箱ワイン | トップページ | 13階段 »

2011年12月23日 (金)

ジェノサイド

気にはなっていたが、タイトルが恐ろしいので、買うのをためらっていた。

雑誌などで「すごい、すごい」というものだから、買って読んだ。

やはり、すごかった。

ハリウッド映画か手塚治虫の漫画を見ているような感覚。

それもその筈、作者は一時、映画監督を目指した経歴の持ち主とのことである。

高野氏原作、脚本、監督でハリウッド映画作らないかなあ。

この手のエンターテイメントは、ネタバレの情報に絶対接しないウチに読むべし。

ついさっき、アマゾンで書評を漁ったら、いろんなことが書かれていて、高揚していた気分が一気に削がれてしまった。

脳天気にワクワクして読めて良かった良かった。 

|

« 初めての箱ワイン | トップページ | 13階段 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111843/53548892

この記事へのトラックバック一覧です: ジェノサイド:

« 初めての箱ワイン | トップページ | 13階段 »