« B-1グランプリには焼きそばが強い | トップページ | 101回目の独り言 »

2011年11月23日 (水)

里山めぐり

Img_1440山の会で、里山巡りをしてきた。

地元の山は、夏は暑くて登るのが大変だが、気温が今日ぐらいに下がってくると、歩きやすくなる。

つもった落ち葉の上をカサコソ音を立てながら進む。

参加者は、50代、60代、70代の男性ばかりの8名。

最高年齢は、76才。皆、元気である。

Img_1442 今日歩いたのは、足利の北を囲んでいる山の 、赤雪山から、仙人が岳。

仙人が岳は、関東平野のどん詰まり、足利で一番に高い山である。

スカイツリーより、少し高いぐらいの山だ。

Img_1446

稜線から見る、松田川ダム

Img_1452 約5時間半歩いた後は、登山口近くの蕎麦屋「十勝屋」でビールと熱燗をこころゆくまで飲む。

写真は、一升半盛りの蕎麦。

8人で、二升半をペロリ。

Img_1454 ケータイについている歩行計では、今日は19011歩歩いた。

風もなく、小春日和の気持ちの良い一日でした。

|

« B-1グランプリには焼きそばが強い | トップページ | 101回目の独り言 »

山歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 里山めぐり:

« B-1グランプリには焼きそばが強い | トップページ | 101回目の独り言 »