« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

2011年11月29日 (火)

101回目の独り言

ブログを始めて、なんと、これが101回目の記事となる。

書き始めようという気持ちになった今年の1月には、こんなに長く続けられるとは思いもよらなかった。自分でも驚いている。

始める前は、日々の出来事や個人的な雑感をウェブに公開して、なにが面白いのかと全く理解できなかった。

自分のブログを立ち上げて、最初の記事を書いたときは、大海に石ころを投げたようで心細かったのを覚えている。こんな事をして何になるのかっていう感じ。

でも、今は結構楽しい。

その背景には、ブログを始めてみないと分からない、楽しい「仕組み」があるからだろう。

管理会社によって違うのだろうが、私がお世話になっているNIFTYのココログでは、ページを開いた人の都道府県や、検索ワード等の様々なデータを知ることが出来る。

知らない人からメッセージをもらったりすると嬉しいし、ブログのボリュームが次第に大きくなると、見てくれる人も増えてくる。一日当たりの平均アクセス数が徐々に増えていくのは励みになる。

どのページを見てくれたかも分かる。一番人気は、「コストコ前橋」というショッピングセンターの記事で、一日に262アクセスを記録した。

しかし、意外なことにプロフィールはほとんど開いてもらえないようだ。

「やあやあ、遠からん者は音にも聞け、近からん者は目にも見よ!! 我こそは、下野の国の・・・・」と生年月日まで公開しているのだが、関心を示してもらえない。

僕なんぞは、よそ様のブログを見るときは、プロフィールを必ず見るけれどなあ。相手との距離感がつかめないと落ち着かないのは古い人間だからかもね。

ブログ、イコール日記ではない。人の目を意識するから、全てはさらけ出せない。ミニコミ誌の編集に似ているかも知れない。

結論。ブログって生活の足跡になるし、老化防止にはうってつけのお遊びだと思います。同年代の人にお薦めです。

ポチッとよろしく!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年11月23日 (水)

里山めぐり

Img_1440山の会で、里山巡りをしてきた。

地元の山は、夏は暑くて登るのが大変だが、気温が今日ぐらいに下がってくると、歩きやすくなる。

つもった落ち葉の上をカサコソ音を立てながら進む。

参加者は、50代、60代、70代の男性ばかりの8名。

最高年齢は、76才。皆、元気である。

Img_1442 今日歩いたのは、足利の北を囲んでいる山の 、赤雪山から、仙人が岳。

仙人が岳は、関東平野のどん詰まり、足利で一番に高い山である。

スカイツリーより、少し高いぐらいの山だ。

Img_1446

稜線から見る、松田川ダム

Img_1452 約5時間半歩いた後は、登山口近くの蕎麦屋「十勝屋」でビールと熱燗をこころゆくまで飲む。

写真は、一升半盛りの蕎麦。

8人で、二升半をペロリ。

Img_1454 ケータイについている歩行計では、今日は19011歩歩いた。

風もなく、小春日和の気持ちの良い一日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月20日 (日)

B-1グランプリには焼きそばが強い

11月12,13日に姫路市で行われた第6回「B-1グランプリ」。

全国B級グルメの祭典のグランプリが、岡山県の「ひるぜん焼きそば」に決まったというニュースを見た。

過去6大会の内、4回のグランプリが、「焼きそば」だそうな。

今や、国民食の王様として揺るぎない「ラーメン」ではなくて、「焼きそば」であるところが興味深い。

全国各地にそれぞれの焼きそば文化が地元で定着しているということか。焼きそば人気は圧倒的だ。

個人的に、「ひるぜん焼きそば」も「富士宮焼きそば」も「なみえ焼きそば」も口にしたことはないけれど、誰が何と言ったて、僕にとっての日本一は、地元足利の「ポテト焼きそば」である。

Img_0051

子どもの頃、屋台の引き売りで焼きそばを買うのが楽しみだった。

足利の焼きそばはキャベツの他に、ふかしたジャガイモと、刻んだ長ネギ入れるのが特徴。

焼きそばの決め手は、やっぱりソース。

写真のミツハソースは、僕にとって第2の母乳かも知れない。

以前書いた、足利の焼きそばと「ドンドン焼き」に関する拙文が下のURLで開けます。

ご覧下さい。

http://web.me.com/torunak/tochigiOyaji/

ポチッとよろしく!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月17日 (木)

那須は雪でした

Img_0081_7 水曜の昼、急に思い立って那須に出掛けた。

三斗小屋温泉の煙草屋旅館に泊まりたくなったのだ。

14時半頃、ロープウエイの駐車場に着いたので、旅館に連絡すると、「周辺は雪が積もっているし、今からでは16時半からの夕飯に間に合わないから無理ではないですか」とつれない返事。

強風でロープウエイは運休していたし、この分では、風の通り道で有名な峰の茶屋付近では、一歩も進めないくらいの暴風が吹き荒れているかも知れない。

軽アイゼン持ってこなかったし、防寒装備も甘かったので、「大丈夫です、すぐ行けます」と強く出られなかったのが残念。今日は諦めよう。

関東平野一円は雲ひとつなく晴れているから、那須がこんなに雪に見舞われるとは想像してなかった。今シーズン一番の寒波が到来したという。

2時間あまり高速を飛ばしてきたのに、もったいないことをした。明日は休みだし、どこかに泊まっていこう。

Img_0085 近くの休暇村那須に電話したら、空いているとのこと。

特別プランで、8,800円。朝、夕のバイキング料理付き。

三斗小屋とそう変わらない料金である。

Img_0088 夕飯まで時間があるので、下の「鹿の湯」に行く。

ここは、硫黄泉で、檜の湯船が6つある公衆浴場。

ぬるい方から、41度、42度、43度、44度、46度、48度 

この風呂では、最も奥にある48度に平気で入れる常連が一番の大将で、得意そうに大きな声で仲間と話をしている。「今日は何時間ここにいる」とか「48度に浸かると翌日まで体がポカポカしている」とか・・・訛りがあるから、地元の60代~70代のオジサン連中だ。体が湯の熱で真っ赤だ。何かシキタリのようなものがありそうで、近寄りがたい雰囲気がある。

手前のぬるい風呂には、若い人たちが、体を小さく丸めて遠慮がちに入っている。

猿山を見るような空間である。

「どんなもんだい!俺は熱いの全然平気だぜ!」ってやせ我慢しながら気勢をはる.。

男というのは、いつまでたっても子どものままだ。

僕は、48度は無理だけど、46度の風呂が好き。46度だって、なかなか入れるもんじゃないんだよ

女湯は、どうなんだろうか?やっぱりボスザルがいるのかなあ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月13日 (日)

足利尊氏公マラソン大会

Img_1411 第34回の足利尊氏公マラソン大会に出場してきた。

3キロ、5キロ、10キロ、ハーフマラソンがある。

僕が出たのは、ハーフマラソン。今年で連続3回目。

一昨日から、雨模様だっが、今日の天気は大丈夫そう。午前8時台の陸上競技場。出場者がアップに励んでいた。

Img_1413スタート前の緊張のひととき。

Img_1420 9時ハーフマラソンのスタート。

大会全体の参加者が5000人弱。

ハーフマラソンのエントリー数が一番多く、約1600人である。

内、地元足利からは、約200人。

残りは、全国各地から。地元周辺や東京が多いが、北は、北海道、西は宮崎県からも人が集まる。

Img_1430 まちなかを抜け、渡良瀬川の土手の上を走る。

長い長い走者の列が出来る。

Img_1433苦しかったけれど、今年も完走できた。

後半は足に来た。

記録は、2時間7分。

写真取りながら、去年と同じタイムは、立派。

50才代の速い人は1時間10分台で走る。

僕は山登りのためにジョギングする程度だから、マラソンにのめり込んだりしない(出来ない)が、長距離走も登山も重力との戦いであることを実感する。

これから冬にかけて、重量オーバーに注意、注意。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年11月10日 (木)

アイリッシュ・シチュー

この間、ラムチョップがとっても美味しくできたので、エリちゃんにブログ見てねってメールしたら、アイリッシュ・シチューもお試しあれって、彼女からレシピを添えた返事が来た。

今日、コストコ前橋店に行くって、女房がいうので、ラムの塊を買ってきてもらった。

Img_0067_2 チルドの羊肉、100グラム131円は、かなり安価。

脂の部分に臭みがあるから、丁寧に取り除いてくださいと、レシピにあったので、まな板の上でやってみたけど、これが相当、重労働。

30分以上かかってしまった。

Img_0072 ラム肉を煮る料理は、馴染みがないので、仕上りが、イメージできない。

熱湯で肉の血抜きをしてから、

ラム肉と、ジャガイモ、人参、セロリ、玉葱、塩コショウにパセリの茎と月桂樹1枚入れて、コトコト40分煮込んだ。

Img_0074 この料理は、ラム肉をダシにして、煮くずれた野菜を食べる料理だそうな。

でも、盛りつけの際に煮くずれたジャガイモだとカッコわるいので、後から輪切りのジャガイモを加えて煮ました。

Img_0075 出来上がった、僕流「アイリッシュ・シチュー」

煮たラムは、以前にも食べた記憶が・・・・・そうだ!インド料理店で食べるマトンカレーだ!

煮たラムは、スーパーの「お買い得、カレー用輸入牛肉」に近い味がした。

料理としてはシンプルで、野菜がとっても美味しく食べられたけれど、ラム肉じゃなくてもって感じ。

レシピでは、ラムもも肉とあったが、今日の肉が肩肉だったせいなのかなあ。。。。。。

余ったシチューはカレー粉入れて明日、カレーライスにします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 2日 (水)

カーネーション絶好調

NHK朝の連続テレビ小説「おひさま」。9月末に終了したが、後半は物語の勢いが次第に失速。前半は夢中で見られたのに、後半は遂にリタイアしてしまった。

こいつはシメタ。いっそのこと、この10月からは「朝ドラフリー」を決めていたはずなのに・・・・・・

1日は24時間。朝ドラから解放されれば、有効な時間が毎日15分は確実に増やせる。

ホント、そうおもてたのに・・・

見ないと決めていた、新番組「カーネーション」。僕は暫く距離を置いていた。

でも、家族が毎朝テレビを点けるものだから、拒否しようとしていてもチラチラ横目で見えてくる・・・・次第しだいに引き連れられて・・・・

悔しいかな、いつの間にやら、「カーネーション」は僕の生活の中にデンと座っていた。

そして多分、今週は物語前半の佳境か。

デパート支配人役の國村準が彼ならではの味を出している。この配役、彼しか勤まらない。まさに、はまり役。

というわけで、のるかそるかの今の展開は、一秒たりとも見逃せない。

タイトル曲も椎名林檎の歌声が毎朝のスタートに欠かせない物になってしまった。喉の奥から絞り出すような声がたまりません。

昨日の記事にも書いた映画監督の河瀬直美さん。彼女の作品「萌の朱雀」に出ていた、尾野真千子の演技が実に光っている。

さてもさても、将来が楽しみな女優さんですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »