« 足利 OHACO 野菜のお店 | トップページ | ♪ふりむ~かないで~新潟のひ~と~♪ その1 »

2011年8月 2日 (火)

栃木県産牛肉、出荷停止

Img_0247_3 今日、政府の要請を受けて、栃木県は全ての牛肉の出荷停止を決めた。

牛肉生産農家に対する打撃は計り知れない。

今ある牛肉の在庫はどうなるの?

全て廃棄といっても、口締疫の時のように埋めたって焼いたって放射性物質は消えてくれない。国が最終処理まで責任を負うというのだろうか?

実は、福田知事が苦渋の表情で記者会見する数時間前に、我が家ではステーキ用の牛肉を買っていた。

グラム1,100円のロース500g。久々の贅沢。

予算の関係から、サーロインやヒレは買えないけれど、値段の割には霜降りのいい肉であった。

500gを6人で分けて食べた。うち、10代の子どもが3人。

実に美味かった。

こんなに美味しい食材をどうして廃棄に出来ましょうぞ?

国の暫定基準を上まわるといったって、毎日、毎日何キログラムも食べるわけもなく、月に100g食べられれば幸せという庶民にしてみれば、捨てるなんてとんでもない。

1kgあたりのセシウムの暫定基準値が500ベクレルということだけど、一回の摂取量が100gならどうなの? 50gならどうなの? 10gなら? ハッキリしろよ!!

我が家には80歳以上の老人がいるけれど、そして、俺も50を過ぎてるけれど、一体全体、一日に何キロ食べたら危険水域に達するというの?

捨てるぐらいなら、年寄りの食糧に牛肉を廻せばイイじゃないか!

非人道的に聞こえるかも知れないけれど、合理的であるとは思う。

少なくても、旨けりゃ俺は食うよ。

一日の摂取量や、年齢差による危険度を明らかにしないままの全頭出荷停止って理解できない。

食い物を粗末にするヤツは天罰を喰らうよ。

食い物を台無しにした、そもそもの原因は何なんだ!

政府は脱原発の方針を一刻も早く出せ。

オバマは、核軍縮の演説だけでノーベル賞をもらった。

菅さん!俺はあんたが好きじゃないけれど、脱原発で粘ってくれ!

ノーベル賞は無理かも知れないけれど、後の政府から国民栄誉賞ぐらいはもらえるかも知れないよ。

この国が悲しい。

そして、ステーキは悲しいほど美味かった。

|

« 足利 OHACO 野菜のお店 | トップページ | ♪ふりむ~かないで~新潟のひ~と~♪ その1 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 栃木県産牛肉、出荷停止:

« 足利 OHACO 野菜のお店 | トップページ | ♪ふりむ~かないで~新潟のひ~と~♪ その1 »