« 小林旭がいるじゃない | トップページ | 夏とくれば三ツ矢サイダーと大瀧詠一 »

2011年7月29日 (金)

木場と浅草

どうも勉強に熱心になれない高三の息子を連れ上京。

日頃、僕が世話になっている大学を見せて、少しでも刺激を受けてくれればと願う、切なる親心。

だが、無情にも彼は大学にあまり関心を示してくれなかった。

それより、地下鉄の中吊り広告を見て、「IMAXって凄いんだって。友達が言ってた」

IMAXとやらは、最新のデジタル技術を駆使した上映設備のことらしい。

それではということで、木場まで「ハリポタ」の最新作を見に行くことに。

Img_1056 地下鉄東西線木場駅下車。

手塚治虫的名前の街道沿いを歩いて、シネコンのあるイトーヨーカドーに到着。

郊外型のどでかいヨーカドーが日本橋からたった3コ目の駅にあるのは不思議な感じである。

Img_1058 巨大なインテリジェンスビルが立ち並んでいた。

木場というと、角乗りぐらいしか思いつかない所であったが、昨今は変化が著しい。

ただし、木曜とあって、ヨーカドーの中は閑散。

やっていけるのだろうか・・・入らぬお世話だよね。

Img_1059_2 ハリー・ポッターと死の秘宝 part2

part1を見てないので、ストーリー展開についていけなかったが、それなりに充分楽しめた。

IMAXが凄いということであったが、なるほど音響は凄い。

超低音にはっきりと輪郭がある。これには驚いた。

3Dの迫力は、初めて体験した「アバター」に比べれば遜色があり残念。

一番悲しかったのは、ハリーの親友ロンの弛んだ腹であった。

昔は、みんな可愛かったのに・・・・

映画館を出て、業平行きのバスに乗る。Img_1064_2

東駒形3丁目で降りて、駒形橋を渡ると、金のウンコとスカイツリー。

橋の外灯のてっぺんでカモメが羽を休めていた。

Img_1066 お目当ては、駒形どぜう。

「マルを一つにビールね!」

通は、開いてないどぜうの鍋を「マル鍋」っていうんだよ。

息子を前に、蘊蓄を披露しチョット自慢。ドジョウは子持ちの6,7月が旬。

この店のドジョウは日本一美味い。葱を二箱空にした。

夜遅く家に帰ったら、「受験生なのに、お父さんは甘い!!!」、女房にまた叱られた。

|

« 小林旭がいるじゃない | トップページ | 夏とくれば三ツ矢サイダーと大瀧詠一 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 木場と浅草:

« 小林旭がいるじゃない | トップページ | 夏とくれば三ツ矢サイダーと大瀧詠一 »