« マルパソは最高 | トップページ | 向日葵の咲かない夏 »

2011年5月 2日 (月)

報復のスパイラルに終わりはあるのか

ビンラディン殺害の大統領声明をテレビで見た。

軍に殺害を指令するアメリカの最高指導者。殺害のニュースで歓声をあげる市民。

各国からは米国の行動を支持する表明が相次ぐ。なんだか、しっくりとしないなあ。それが正直な印象。でも、これが世界、これが現実なんだなあと改めて思う。

原発関連の記事ではあるが、今日の日経で「見たくないものは見ない。考えたくないものは考えない。米国は考えようと努力する国。日本は考えないままにしておく国」とあった。

国の危機管理能力に、不安を抱く日本。

もし、東京で9.11が起きたら、日本はどうする?

明日の憲法記念日を前にして、すごく複雑な心境になった。

またしても、アメリカはイスラム過激派に「反米の大儀を」与えてしまった。報復の応酬はいつまで続くか心配になる。そして、日本の取るべき態度は・・・・

|

« マルパソは最高 | トップページ | 向日葵の咲かない夏 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 報復のスパイラルに終わりはあるのか:

« マルパソは最高 | トップページ | 向日葵の咲かない夏 »