« 開いた口が塞がらない | トップページ | 菅が吠えると桶屋が儲かる? »

2011年5月 8日 (日)

日光白根山

Img_0003 今年のゴールデンウィーク、関東地方は天気に恵まれなかった。

今日は天気が良くなるという予報だったので、5時起きして、山に出かけることにした。

目的地は、日光白根山(標高2578m)。

丸沼高原スキー場のロープウェイを利用して、シラネアオイの咲く頃登ったことがあるが、この時期は、初めての挑戦。

ロープウェイに乗らず、菅沼の登山口から頂上まで往復してきた。

菅沼は、湖面が全て氷結していた。

初めて登るこのコース、急斜面の連続で結構タフであった。

上空に寒気が流れ込んできた影響で、黒い雲が突然、雪を降らせたり、嵐のような突風が吹いたり、高度を上げるほどコンディションが悪くなった。

Img_0004_2

雪はザレていて、踏み抜きに悩まされた。脚の付け根までズボッとくると、立て直すのに体力を使う。

トレースが見つかりづらく、2回コースを誤って、雪の急斜面で立ち往生。

アドレナリンが急上昇して、倍疲れてしまった。

何とか無事に怪我なく下山。

突風、くさった残雪、コースアウト、怖い思いをしてきました。自分の未熟さを痛感。

日光湯元の休暇村で温泉につかって一息入れ帰途についた。

|

« 開いた口が塞がらない | トップページ | 菅が吠えると桶屋が儲かる? »

山歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日光白根山:

« 開いた口が塞がらない | トップページ | 菅が吠えると桶屋が儲かる? »