« 去年の桜を想い出す | トップページ | 目に青葉 »

2011年4月16日 (土)

花より葉っぱ

Img_0315 パステルカラーに彩られ、里山が一斉に笑い出した。春は一年で一番美しい季節。

鑁阿寺(ばんなじ)の大銀杏は、樹齢約550年とのこと。今年も芽を吹いてくれた。

若葉の芽吹きからは、桜の花以上に命の歓びを感じる。

花を咲かせることは、植物にとって、最終の仕事で、萌芽や芽吹きは、新しい命の始まりを意味すると思うから。

Img_0325

冬の長い眠りから目覚め、堅い蕾をポーンと弾く。

赤子の掌のような葉が、兄弟達と競いあい一気に伸びを始める。

溢れんばかりの生命力だ。

人間が出現する遙か前、何億年もの昔、地球上に生まれた裸子植物。その仲間の銀杏。

無論、銀杏は「プレートテクニクス」なんて知らないはずだが、そのDNAに、「パンゲア大陸」の記憶を留めているのかなあ。

彼等は、電気なんかなくても、何億年も命をつなぎ、今を生きている。

文明社会にとって、電気のない生活は考えられないが、余りにも電気に依存しすぎじゃなかろうか。

豊かさという幻想を求め、環境破壊をやめられないホモサピエンス。

地球温暖化、放射能汚染、銀杏の若葉は、迷惑そうな顔をしていた。

Img_0327 枝垂れ桜も、今が見頃です。

|

« 去年の桜を想い出す | トップページ | 目に青葉 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 花より葉っぱ:

« 去年の桜を想い出す | トップページ | 目に青葉 »